事業内容

1)液晶MDL組立て請負事業

日本精機(株)DSP事業部の協力工場として、MDL部門の約80%の機種で組立てから検査工程までを弊社が請け負っています。65%が車載関連で他は産業用や民生用です。
作業環境は「クラス1500位」で管理された「クリーンルーム」内で行っています。
車載は主に「ホンダ車」中心で世界中の「ホンダ工場」に送っています。
弊社の特徴は「接続技術」に強みを持ち、安定した品質管理を評価されています。
日本精機(株)DSP事業部と一緒に「ISO9001&14000」で管理しています。
液晶事業は、7名の管理者と68名の作業者で「ものつくり」を行っており、設備能力の都合上部分的に2交代制で行っています。

詳細はこちら

2)製品ケース再生事業

地球上の資源節減を目的にしたリサイクル業務です。
内容は工業用ドリルの出荷ケース(輸出含む)を製造計画に基づいて再生したり、廃棄したり適性に管理し、製造部門がやり易い体制にしたり障害者の更正に寄与したりして社会貢献致します。

3)水中酸素供給機事業

世界の水産業は乱獲により資源の枯渇や世界中が魚食嗜好の人が増えて、「捕る産業」から「育てる産業」中心の産業へと移行すると思われます。しかし、現状では水量が少ない場所や電気の無い場所での飼育は水中酸素が不足して、事業化できる環境は限られています。
現在、弊社が考案し実験中の(水中酸素供給機)が商品化されれば、何れの問題も解決致します。1・2年の内に商品化して世界中に販売する計画です。
今までの酸素供給機は「200V電源」をエネルギー源として、水車を廻して酸素を供給するシステムですが、弊社は「ソーラーパネル」からの電源をエネルギー源としており、さらに水車式では無く、酸素供給力の効率を高めたシステムを開発して商品化する計画です。
実験データ次第ではパテント申請も視野に入れ、世界規模での食料不足対策に少しでも貢献出来れば幸いです。
2)と4)の事業開始が先になったので、2019年発足計画に変更致します。

詳細はこちら

4)機械設計・組立て事業

様々なもの作り企業からの製造装置の請負業務を拡大します。
各社の製造計画に基づいて、構想から相談を受け機械を設計し、図面を作成し確認後、機械の組立て(加工は外注依頼)を行い稼動確認まで行います。お客様の繁栄を願い、最後まで責任を持って、顧客様の満足度向上を目指して行きます。

5)食品事業

他の事業立上げに伴い、人材が揃うまで計画延期します。

■ お問い合わせ ご要望・ご相談はこちら